11月に入ってやっと一息です。8月→10月まで行事が目白押しだったのでちょっとココでお休み。



学習発表会 <2014.11.6*2013.11.8*2012.11.8*2011.11.4*2010.11.2*2009.11.4>


本来、小・中学校の行事なのでしょうが、なにせ生徒数が少ないので学校の先生・PTA、そして島民までフル参加の学習発表会です。
当日は、劇や演奏発表の他に作品の展示もあり、やはり島民の作品も飾られます。
下は幼児学級の3歳児から、学校の校長先生・教頭先生まで参加するアットホームな学習発表会です。
              

2009年度(小学生による合唱)

2010年度(小学生による合奏)

2011年度(小学生による合奏)

2012年度(小・中学生による合奏)

2013年度(小・中・先生による合唱)

2014年度(中学生の劇)

作品展示の様子

作品展示の様子





防災訓練 <2014.11.14*2013.10.30*2011.10.14*2009.12.2>


口永良部島は火山島なので年に1回、火山(新岳)の爆発を想定した訓練が行われます。
具体的には、消防団による島民の避難誘導及び海上保安庁による巡視艇への緊急輸送訓練を島民参加で行います。
「本当に噴火したらこんな所で集合していていいのかなあ、」とか「噴火してからどの位で巡視艇の救助が来るのかなあ?」といった疑問も残りますが、 ヘルメットや貴重品袋の確認、そして火山島に住んでいるという自覚を持つといった意味でも必要な訓練だと思います。
           

部落毎にこのような退避壕があります

巡視艇まではこちらの船で移動

巡視艇(沖で待機)

避難訓練の様子@

避難訓練の様子A

避難訓練の様子B



→2014年8月3日の新岳噴火をうけ、避難訓練の内容も見直されました。
集落毎の退避壕へ一時避難後、本村港へ移動していたのを それぞれが直接“番屋峰”へ避難するという内容となり、より現実的な避難訓練となりました。

     

番屋峰から眺める新岳

番屋峰の避難施設

避難訓練の様子



BACK