新しい年の始まりです。
今年も健やかに暮らせますように。。。



初詣


本村港から前田集落へ行く途中にある山の斜面に神社(金峯神社・花尾神社)があります。
金峯神社は島の人の山に対する信仰から生まれた神社。一方、花尾神社はお産の神様です。
とても眺めの良い所にある神社なのでビューポイントとしてもお勧め。是非、行ってみて下さい。
        

海を眺める高台に神社があります

金峯神社@

金峯神社A

花尾神社@

花尾神社A





消防出初め式 <1.6>


口永良部島消防団による仕事始めの行事。
以前、消防団員は屋久島へ渡り、行事に参加していたのですが、2014年の新岳の噴火により消防団員がすっかり島を離れてしまってはいけないという事で 口永良部島で行われるようになりました。
消防車・消防団のパレード、放水が行われます。
     

浜で夕方よりスタート

勢い良くパチパチ燃え上がりました

こんな風に外でお餅を食べるのも美味しい。





鬼火焚き <1.7>


『鬼火焚き』とは、九州地方で正月7日に行う火祭りで、竹が勢いよくはじける音で鬼(厄・災難・病気)を退治し、
また、火の中に門松や昨年一年間家に貼っていたお札やお守りなどを投げ込んで、災難が無かったことを感謝する行事です。
以前は早朝、日が昇る前に行っていたそうでが、今では、生活習慣の変化などから夕方、日が暮れてから行っています。
残り火でお餅を焼いて寒い中ハフハフ食べるのが恒例で、日が落ちてからの海からの風の冷たい事!
寒がりの私としてはナカナカ厳しい伝統行事です。
     

浜で夕方よりスタート

勢い良くパチパチ燃え上がりました

こんな風に外でお餅を食べるのも美味しい。





しゃしゃんぼ採り


「小小ん坊」と書きます。島の人は、訛って「ササブ」とも言います。
ブルーベリーに似た実ですが、それより小粒で自然な甘みと酸味のある美味しい実。冬、お正月過ぎた頃に実るのですが、渡り鳥の多い年は人間が食べる前に鳥にほとんど食べられてしまったり、 冷夏や暖冬など気候の影響で実りが悪かったりでなかなか食べられない。。。
今年は、実に4年ぶりに実りが良く、久々の「シャシャンボ」は、やはり美味しいなあと実感しました。
これで作るジャムがすごく美味しい!ヨーグルトに添えたり、パンにつけたり、プレーンのシフォンケーキに生クリームと一緒に添えて食べたり、 お菓子に焼きこんだり、、、と嬉しい“山の恵み”です。詳しくは、『旬のレシピ@島の食卓』をご参照下さい。
     

今年はたわわに実りました

しゃしゃんぼの実

ジャムにするための下処理




BACK