梅雨の長雨はうっとうしいですが、この雨が降るたびに竹の子がニョキニョキと出てくる、と思えばまんざらでもありません。
雨にもめげずにカッパを着て、いざ竹山へ!


竹の子とり <梅雨時期>


口永良部島には竹やぶがいっぱいあります。大名竹(だいみょうちく)という種類の竹で、その竹の子が本当に美味しい!
梅雨時期になるとニョキニョキと出てきます。取っても取ってもいくらでも出てくるというの素晴らしいですね。

島のじいちゃんばあちゃん達はこの時期、皆、竹やぶへ入り、子供や孫の所へ旬の竹の子を送ってあげようと大忙がしです。
見つけるのも、皮をむくのも、皆本当に上手ですよ。(私なんか、まだまだもたもたしています。。)

灰汁がまったくないのでそのままお吸い物にしたり、竹の子ご飯にしたり、天ぷらにしたり、。何にしても美味しいのですがやっぱり一番食べてもらいたいのは天ぷらかなあ。。。
     

竹の子とり

大名竹の竹の子

下処理した所

竹の子ご飯

青海苔とのサッと煮

定番!炒め物に





エラブツツジ登山 <6〜7月>


一年に一回、山がピンク色に染まります。
本村(港のある集落)からも山を望めばピンク色に染まっているのが分かるぐらい!
口永良部島の山頂付近はエラブツツジが群生していて、その花の時期になると山頂付近がピンク色に染まるのです。
ピンク色の絨毯。本当にため息が出るほど美しいですよ。
ただ、その咲く時期を見計らうのが難しいかも、、。島に住んでいてもなかなか合わせて登るのは難しいです。
     

エラブツツジ@

エラブツツジA

エラブツツジB

エラブツツジC

エラブツツジD

エラブツツジE




BACK