とうとう夏休みが始まります。
孫や親戚が遊びに来たり、旅行者もだんだんと増えてくる時期で7月〜8月はなんやかんやと一番賑やかなシーズンです。



金峰神社の大祭 <2013.7.20*2012.7.28*2011.7.10*2010.7.24*2008.7.12>


島の神社「金峰神社」の大祭では、男の人が「棒踊り」、女の人は「日の本踊り」を踊り奉納します。
「伝統芸能保存会(10〜50歳位まで、動けそうな島民はほとんど会員)」が中心となり、2ヶ月前から踊りの練習を重ね、この日に挑みます。
「棒踊り」は、主に九州地方に伝わる豊作を願った踊りらしく、大地を棒で叩き、6尺棒と3尺棒で打ち合いをする勇ましい踊りです。
「日の本踊り」は、日舞のような踊りで、歌詞に平家ウンヌンとあります。きっとそういう流れの踊りなのでしょう。。
何しろ、当日はモノスゴイ暑さで(しかも昼過ぎ3時頃から始まり4時位までと、一番暑い時間帯)、踊らないで立っているだけでクタクタ。。。 それでも、海と山を背景に踊りを踊るのは気持ちが良いものです。
     

本村港を見渡す高台に神社があります

神社への参拝

日の本踊り

棒踊り@

棒踊りA

棒踊りB





海洋研修会 <海の日あたり>


毎年『海の日』近くの休日に、皆で一日中海遊びをする日を作ります。
PTA主催なので、島中の子供達とお父さん・お母さん、先生方が集まります。
海水浴が中心ですが、お父さん達が捕ってきた魚で作る味噌汁や刺身の昼食も楽しみの一つ。
それから、スイカ割りをしたり船で島一周をしたり、と夏休みを直前に島の夏を堪能する楽しい一日です。
           

皆大好き、海遊び!(2010.7.18)

カニや貝を探しています(2008.7.20)

獲った魚の説明会

中学生は飛び込みも!

魚はその場でさばきます

スイカ割り





海がめの赤ちゃん <6月〜8月>


口永良部島は砂浜が少ないのですが、それでも砂浜のある所には海がめが産卵に上がってきます。(火山島だからでしょうか、海岸は切り立った岩壁多いです。)
海がめの産卵も小亀が海に戻っていくのも暗い時間帯なのでなかなか見る機会がないのですが足跡が残っているので分かります!
実は、桟橋の整備などの工事で海流の流れが変わり砂がなくなってきたり、ゴミが多いとせっかく海がめのお母さんが上陸しても産卵出来ずに海へ戻っていくケースも多いようです。
いつまでも亀が産卵出来る砂浜を守っていきたいものです。
           

赤ちゃん海がめ@

赤ちゃん海がめA

赤ちゃん海がめB

お母さん海がめの足跡

赤ちゃん海がめの足跡@

赤ちゃん海がめの足跡A




BACK