9月は運動会の月です。
島で行われる学校&島民の運動会、屋久島で行われる町民運動会、と島民皆が運動をいっぱいする月。 筋肉痛の上にさらに筋肉痛を重ね、体中が重い。。。



台風14号 <2005.9.5〜9.6>


久々に大きな台風の直撃です。口永良部島に上陸した時の大きさは、935〜940hPa、時速10〜20km。
台風には慣れた所ですが、直撃は久しぶりです。
さらに大型でゆっくりと進む台風だったので今回ばかりは厳重な台風対策をしました。
飛んでくる木の枝や瓦などで窓ガラスが割れないように全ての窓・扉を板を補強し、外に置いてある飛びそうな物は全て(飛ばないように)くくり付けます。
家の中の家電製品も出来る限りビニール袋の中に入れ、万が一屋根が飛んでしまっても大丈夫なように備えました。

結局、今回は島内での死傷者等なく無事台風は過ぎ去りました。それでも、島の北側に風が強く当ったようで「西の湯」の温泉小屋がつぶれてしまいました。 おそらく「寝待(温泉)」も被害を受けているでしょう。
まあ、人間が無事だったのだから良しとしなくてはいけませんね。
  

台風戸締り

ガジュマルの木が飛んできた!

西の湯の温泉小屋がつぶされました






十五夜祭 <2014.9.8*2013.9.19*2012中止(台風の影響により)*2011.9.12*2010.09.22*2009.10.3>


十五夜の月は「中秋の名月」ともよばれ、月の満ち欠けをもとにした昔の暦(旧暦)で8月15日の満月です。 (今の暦とずれるため、年によって9月に行われたり10月に行われたりします。)
島では十五夜の日の夜、月が上がってから「綱引き」と「お相撲」を行います。
お月様が出ない雨天や曇りの年はお祭りは中止となるので十五夜が近づくと「今年はやれるかねえ。」なんて案じたり、、。
昔(島民が300人ぐらいいた頃)は、部落対決で綱引きをしていたそうですが、今では人数が少なくなったためナカナカそうはいきません。
それでも、歌に合わせて構え、掛け声と共に綱を引き合うスタイルは変わりなく受け継いでいます。
そうそう、「綱」も自分達で作るんですよ。
事前に各家庭から出した萱(かや)をねじり編んで作るのですが、ツルの取っ手までついています。
屋久島では、各家庭から萱が出せなくなってきたため、学校の綱引き用のロープを使って綱引きを行っているとか、、。
いずれにしても島に伝わる大事な伝統行事の一つです。大事にしていきたいです。
※十五夜の綱引きの由来は、五穀豊穣に感謝し、無病息災を祈り、満月の夜に地の神が暴れないよう綱を地面に打ちつけ災いを寄せ付けないようにすると共に集落の士気を高めるためと言われています。
        

綱あみ@

綱あみA

綱あみB

綱は龍を見立ています(龍の顔)

綱引き

綱引き

綱で土俵をつくり相撲をとります

相撲

腕相撲






敬老の日の祝賀会 <敬老の日>


この日は、島のじいちゃん・ばあちゃんをご招待して一緒にゲートボールを楽しんだり、ご飯を食べたりして島民皆で楽しく過ごします。
じいちゃん・ばあちゃん同士も普段はなかなか会わないので「元気だったか〜。」なんてお話ししていたり、。
当日は朝早くから男の人は海に魚を突きに行き、女の人は煮しめやおにぎりなどのおかず作りに大忙し。
塩して保存しておいたタケノコや旬のサトイモといった地元の食材を使った郷土料理と脂ののった刺身などなど、ご馳走が並び じいちゃんばあちゃんだけでなく皆、楽しい宴を楽しみます。
           

郷土料理作り(竹の子の煮しめ)

郷土料理(竹の子の煮しめ・刺身・魚のから揚げ)

祝賀会のご馳走

体育館でゲートボール

祝賀会の宴

子供達による歌・演奏・・






金岳小中学校・口永良部島民大運動会 <2013.9.29*2012.9.23*2011.9.25*2010.9.26*2009.9.27>


「小中学校・島民」と言うぐらいですから、学校の子供達のみならず幼児学級の小さい子供からおじいちゃん・おばあちゃんまで、この日ばかりは本当に幅広い層の人々が校庭を走り回ります。
入場門も毎年皆で作る手作りの門。なんだか緑が目にしみますよねえ。今時こんなステキな門はそうナイと思います。
小中学校合わせても児童は10〜20人ぐらいしかいません。どの子供達にも声援が送られ、皆、一生懸命競技に参加します。
アットホームな雰囲気の運動会で、私は大好きです。
              

竹と杉で作る手作りのアーチ

開会式の様子

大綱引き

幼児学級生のかけっこ

高齢者競技

応援団





BACK