私のキルトの先生は、母です。
母は、もともと、とても手先の器用な人なのですが、ハワイアンキルトもアメリカンキルトもちゃんと基礎を習っているせいか、作品の仕上がりが本当にキレイ。
根気強く大作に挑戦してみたり、丁寧なキルティングなどなど、私には到底かないません。
「こんなの作りたいのだけど。」だとか「上手に作れないのだけどお母さんはどうしてるの?」だとか、分からない事があったら何でも聞いています。

  

こんな魚もいます
クッション(海の世界)

様々な魚たちが泳いでいる楽しい海の世界を表現したくって作りました。
中央にシェル、周りをイルカが泳ぎ、ニモ、クラゲ、タツノオトシゴも泳いでいます。
(45*45cm)の大きめサイズのクッションです。
 
hand made by KYOKO

アップリケすると元気な感じが出ます


  

次々と咲くハイビスカス
クッション(ハイビスカス)

これが私のファーストキルトです。良く見ると模様の角が爆発していたり、キルトの目がバラバラだったりしますが、未だに使っています。
色違いで2つあるというのが置いておいても統一感が出て良いと思います。
こちらは、少し小さい(40*40cm)サイズです。
 
hand made by KYOKO

夏場はいつもこのクッション


  

香りも良い花です
バッグ(エンジェルトランペット)

上の娘の妊娠中に作りました。高さ40cm*幅45cm近くある大きなバッグなので何でも入ってしまいます。 子連れで屋久島へ行く時など、タオルや紙おむつを詰め込んで持って行くのに便利。そして帰りは、洗濯物でいっぱいになります。  
hand made by KYOKO

むら染めの黄緑の葉が効いています


  

清楚でキリリとしたカラーの花
ベビーキルト(カラー)

母が娘達のために作ってくれました。裏がタオル地になっています。 赤ちゃんのお風呂上りや日向ぼっこの時、またオムツを換える時に下にひいて使います。ネットに入れて洗濯機で洗って大丈夫。
外でオムツを換える時パッと出すと「わ〜、素敵ねえ。」なんて言われるのが嬉しかったりして、得意になって使いました。
 
hand made by HIROKO

水色と黄色のやさしい色合い


  

島の夕焼け
タペストリー(やしの木)

(155*110cm)の大作です。下地に用いているむら染めの布が夕焼けの感じを良く表現していて雰囲気が出ています。むら染めの布ってこんな風に用いると良いのですねえ。。
この位の大きさのタペストリーがあると部屋の雰囲気が変わります。我が家ではソファーにかけているのですが、このキルトがあると部屋がパッとハワイアンな雰囲気になります。
 
hand made by HIROKO

やしの木、ハイビスカス、カラーなど


  

モンステラの葉
印鑑入れ(モンステラ)

何かちょっと作りたいなあ、と思って作った小物です。紫とピンクという色の組み合わせが好きで、色を決めてからデザインを決めました。
やっぱり、むら染めの紫色の布が効いてます。
 
hand made by KYOKO

タバコケースにしても良いかも、、


  

ハチが二匹飛んでいます
ポイント刺繍(ハチ)

何かちょっと一工夫入れたいなと思ってポイント刺繍をしました。 友達には「何かついているよ。」なんて言われましたが、自分で気に入っているので良いのです。
ハチも刺繍をするとけっこう可愛いもんです。
 
hand made by KYOKO

ハチの刺繍


  

額アジサイの花(5月)
ティッシュケースカバー(白い花)

ティッシュペーパーボックスの口の周りを白い花のリースで囲むように、様々な花や草を刺繍しました。 清楚なこんな草花が好きです。  
hand made by KYOKO

白い花のリース


  

お魚
鍋つかみ(お魚)

はかなくなったジーンズ等で作ったリサイクル鍋つかみです。
hand made by KYOKO

随分と使い込んでいます


  

ジャスミンの花
座布団カバー(白い花とシダ)

本来、ハワイアンキルトの裏地などに用いる布なのだと思いますが、部屋に置いておいてうるさくない座布団カバーが欲しくって この布を使って作りました。白い花の部分だけキルティングして浮かび上がらせています。
 
hand made by KYOKO

シックなハワイアン




生地の森
このお店のリネンはオススメです。上質のリネンを使うと出来上がりがかっこ良い!作っている時も幸せ気分です。私はフキンや子供が学校に持っていく袋物まで、リネンを使って手作りしています。



閉じる