−夜光貝細工−
こちらでは、ちょっとしたお祝いの席などで夜光貝(やこうがい)を食べます。実に、美味しい貝でアワビの様な味!
そこで、食べ終わった後の貝を生かせないかと色々試行錯誤しています。
何と言っても夜光貝は真珠層を持つ巻貝の中では最大の貝で、古くから装飾や細工物に使われてきました。
捨ててしまってはもったいない!
貝は、磨けば磨くほど輝きを増し、自然が作り出した美しい模様が浮かび上がってきます。
そんな自然の美しさを再発見出来るような物作りを目指して日々奮闘中です。
箸置き@ 箸置きA 木の葉のネックレス
見よう見まねで始めた夜光貝細工ですが最近では島のお土産として少し販売できるようになってきました。
口永良部島ガイド協会のHPで私達の作った夜光貝細工の通信販売もしています。興味を持って下さったら是非ご覧下さい。
ここでは私達の代表作を紹介します。


−シーグラスや貝の小物−
浜辺で拾ったシーグラスや貝を使って小物を作りました。
シーグラスも貝も、色々な形、色があって楽しいです。 汚くなった時計も見違えるように素敵になりました。
植木鉢 額 時計 メモボード
名刺入れ



−竹細工−
島に竹がたくさんあるので、これを活用して何か作りたいなあ、と思ってます。
「アジロ」は、昔、島で家の壁や仕切りに使っていた物でこの写真は島のじいちゃんが作っていた物を撮らせて頂きました。
「花器」は、主人が作ったものです。これは大きい竹を使った作品ですが、小さな竹を使って照明なんかも作っています。
「柵」は、子供が小さい時(脱走防止のために)主人が作ってくれました。そろそろ必要ないのですがずっとあっても良い位気に入っています。
アジロ 花器 柵 小物入れ



−その他(自然素材)−
散歩に行ってツルを見つけたらリースを作ってみたり、小枝があったらフックを作ったりとチョコチョコ色々な物を作ります。
「パッチワークの扉」は、子供が障子紙をどうしても破いてしまうので、ボロボロにならなくって感じの良い物を、と考えて作りました。
家にあったクラフトテープや麻の紐をカゴを編むように編んであります。
キッチンリース パッチワークの扉 枝のフック 流木のハンガー
石をくり抜いて鉢にしました 娘が作りました。コケの羊さん



−ある物を工夫して、、、−
近くに100円ショップやホームセンターなどがあったら、さっさと買いに行っているのでしょうね。
直ぐに買いに行けないからこそ工夫しようかな、と思う余裕が出てきます。
今では「こんなの欲しいなあ。」という物が出てくると、次に「自分で何とか作れないかなあ。」と考えています。
どうせ作るのなら『自分らしさ』を出したいなあ、と作っているうちに色々こだわったりが出てきたりして、
結局ネットで材料を探して購入しているのだからかえって手間ですよねえ。
でも、自分で作るのって融通も利くし、直す事も出来るし、何より納得して使うという自己満足、、
使う度にそして見る度に嬉しくなります。
荷造りテープで作ったおもちゃ箱@ 荷造りテープで作ったおもちゃ箱A 乾燥肌の自分のためにそして生まれてくる赤ちゃんのために作ったリッチな石鹸



閉じる