<このページの海の写真はO君が素潜りで撮った写真です。美しい写真をありがとう!>

口永良部島で捕れる魚

その他(漁師さんの釣り)

イセエビ漁(9月〜4月)
モジャコ漁(4月)

磯モノ採り

亀の手
・アナゴ、ナガラメ、トコブシ、
・ニシンゴ、シッタカ

口永良部島の海

口永良部島は、その周辺海域で暖流と寒流が交じり合っているため魚種・数ともに多く豊かな海の資源に恵まれています。

サンゴ礁に泳ぐ色鮮やかな熱帯魚達の美しい事!
魚達の色・デザインの美しさに感心したり、夫々の個性的な顔立ちに見入ったりと本当に飽きません。

ボンベなど背負わずに素潜り(シュノーケル)で十分この美しい世界を垣間見る事が出来ます。
さらに、運がよければ海がめにも出会えるかも!
ゆうゆうと泳ぐ海がめの姿は優雅です。

こんなに色々な種類の魚達が一緒に暮らしている豊かな海をこれからも守り続けていかなければいけませんね。

新鮮な海の幸を頂く!

島には魚屋さんがないので自分で食べる魚は頂くか自分で捕ってこないと食べれません。
と、言っても趣味と実益(食料ゲット)を兼ねて『魚捕り』を楽しんでいる人も少なくないので、なんやかんや新鮮なお魚をお腹いっぱい頂けているかなあ。。。
魚を捕る、と言っても色々方法があります。大きく分けると、釣り、か潜って突くか、といった所でしょうか。
潜って突くのは確実に捕れる方法なのですが、慣れないと出来ません。上手い人は魚の突く場所にもこだわって仕留めます。
熟練の技です。

釣りにも
@生きた魚やオキアミ(小エビ)など生の餌使って釣る『餌釣り』
A人が餌(小魚など)に似せて作った疑似餌を竿につけ、魚をおびき寄せて釣る『ルアー釣り』
B猟師さんなどがする、網をしかけて釣る方法。
と、様々。

餌釣り ルアー釣り 猟師さんの釣り(網)

『ルアー釣り』は、魚との駆け引きがあって、一番スポーツっぽい釣り。
それでも、餌釣りでないと釣れない魚(ヘキンコなど)もいます。
魚も必死ですから、、釣る時間帯や釣り針の下ろす深さなど魚の性質をよ〜く知ると良いそうで、、、奥が深いようです。

貝など磯モノも美味しいです。しかも、コレは逃げませんからねえ、。
でもでも、貝は大きくなるのに時間がかかりとり過ぎてしまうと絶えてしまいます。とれるからと言ってとり過ぎるのは絶対にいけません!

釣りも磯モノとりも、ごみ・吸殻等の持ち帰りはもちろん、手当たり次第釣り上げる、採取する、といった様な事は止め、自分達が食べる分、を原則に楽しんでください。


<釣りで来られる方へ>
現在、口永良部島で釣り船を出して下さる方が少なくなっています。屋久島の釣り船が口永良部島まで来ているというのが現状のようです。 口永良部島で瀬渡しを行っているのは次の二隻です。→嘉丸(畠 喜人0997−49−2277)→ふみ丸(寺田 和人0997−49−2268)




Go to Top