〔島ならでは、の食べ物や食べ方〕というのは、近所のお宅で頂いて知ったり、島育ちの主人に教えてもらったりで覚えてきました。
今は、そうやって知った食べ方を自分なりにアレンジしたり、本を読んで応用してみたりでレパートリーを増やしています。
ここでは、島の素材を生かした夕食の献立をメインに紹介します。


魚料理
イセエビ
貝類
イカ
キビナゴ
刺身各種up
一夜干し
塩湯がき
塩釜
煮付け
揚げ物
味噌漬け
岩のり
野菜料理
ツワブキ(3月〜4月)
新じゃが(3月・)
ボウフウ(通年)
たけのこ(5月〜6月)
かぼちゃ(10月〜11月)
さつまいも(11月)
生姜(11月)
シイタケ(12月〜1月)
その他
寿司
黒米
麦みそ
地鳥
焼酎(三岳)
サバ節
イベント料理
お雛様(3月3日)
子供の誕生日(4.12月)
敬老祝賀会(敬老の日(9月))
十五夜
運動会(9月)
子供が作った料理
レシピ星印がついているメニューは、詳しいレシピがあります。メニュー名をクリックして下さい。

そうそう、漫画「クッキングパパ33巻」に口永良部島の事が載っています。興味のある方は、読んでみて下さい。→取り上げられている食材は、「へきんこ(魚)」と「黒砂糖のお菓子」


魚料理

イセエビ
イセエビは、やっぱり茹でたてのプリプリをマヨネーズ醤油で食べるのが一番美味しいと思います。ほのかにあまい身とマヨが合うんです。
その他、刺身もよし。美味しいダシをあます事なく味わえる味噌汁も捨てがたい。最近知ったのは、 エビを縦半分に割って、オリーブオイル塩・コショーをしてからオーブンで焼くというもの。
エビの美味しい所は、実は殻なんだそうです!殻ごと火にかける事で身に美味しさがちゃんと移るのだと某イタリアンシェフに聞きました。

イセエビ(生)

茹でたてのイセエビ

刺身

味噌汁

オーブン焼き

イセエビのフライ!

茹でイセエビ



貝類
<亀の手>
ダシが美味しいので汁物にするとその美味しさを充分に味わえます。同様に酒蒸しも美味しい。酒のつまみに最高です! 私は、ダシが美味しいのだからとパエリヤやチャプチェ(春雨の入った炒め物)なんかも作ります。
<ニシンゴ、アナゴ、ナガラメ>
そのまま貝の味を楽しむのならニシンゴ(渦巻き貝)がお勧めです。ピッリとした苦味と貝独特のかみ締める程に味の出る身が最高!
茹でてマヨネーズ醤油で食べる他、囲炉裏でぼちぼち焼きながら醤油をたらして食べるのも良いですねえ。
アナゴやナガラメ(アワビのような貝)は、身が柔らかく、マヨ醤油や囲炉裏で焼く他にカツオやサバ節の入ったうま味噌であえて頂いたりします。
<グズマ>
磯に行けばどこにでもいるグズマ。それでも下処理が面倒でなかなか食べません。美味しいのだけどねえ。。。

亀の手のお味噌汁

磯の香りがフヮー。。。

貝のうま味噌あえ

グズマ



イカ
揚げ物、炒め物、もちろん生(刺身)でも、と何にでも使えるイカ。
ココでは、年間を通じて色々な種類のイカが獲れます。ミズイカなどでは4kgぐらいの大物も!
甘みののったイカはやっぱり美味しいです。
醤油で食べるのが一番イカの甘みを感じると思う。。
刺身@(醤油で)
ショウガ&オリーブオイル、サッパリとした美味しさ
刺身A(カルパッチョ)
熱したごま油をジャとかけて塩・醤油をかけて頂きます。ごま油の風味とネギ、ショウガがあって美味しい。
刺身B(ごま油風味)



キビナゴ
鹿児島と言えばキビナゴ料理でしょうか。
内臓を取っただけの新鮮なキビナゴを酢味噌をつけて刺身で食べるのがやっぱりご馳走なのですが、
『天ぷら』も身がふっくらとして美味しいし、何と言っても『一夜干し』が魚の味が強まって美味しい。
キビナゴの一夜干しを囲炉裏で焼きながらチビチビと飲む、というのが最高です。
新鮮なキビナゴはやっぱり刺身で!
刺身
やっぱり麦味噌が合うかなあ、
刺身(酢味噌で頂きます)
ふっくらと美味しい。
天ぷら
干すと魚の味が濃縮されます
一夜干し(干し中)
甘辛味が後を引きます
蒲焼
塩漬けした後オイルにつけこんで保存食に、
アンチョビ



刺身各種
新鮮な魚は、やはり刺身で頂きたい!
美味しく食べるためのちょっとした工夫があります。
まず、マグロやカンパチなどの魚は、釣った当日には食べません。冷蔵庫で2・3日寝かし、魚の味が増した頃に頂きます。 当日だとあまりにも新鮮すぎて、身がコリコリ、プリプリするだけで魚の味がしないのです。
ちょっと癖のある魚や皮の硬い魚は、火で皮をあぶって頂きます。香ばしさが癖を和らげます。さらに酢味噌をつけて頂いたりもします。

アジ

オナガ

クロ(酢味噌で頂きます)

新鮮な魚の肝は雲丹の味!

レシピ 白身魚のカルパッチョ

白身魚のマヨゴマおろしあえ

中華風カルパッチョ

カルパッチョ各種



一夜干し
良く一夜干しにする魚と言えばトビウオ、ダツでしょうか。 (ダツは、癖のない白身の魚です。骨が青いために市場に出回ることはありませんが、島では普通に食べられています。)
しっとりと美味しい〔一夜干し〕を作るには、塩の量、干す時間の調整など奥が深く、シンプルながら難しい食べ方です。
でも、このシンプルさが魚の旨みを味わう最高の食べ方だったりするんですよね。

〜只今、干し中〜

ダツの一夜干し



塩湯がき
私はこの「塩湯がき」という食べ方をこの島に来て知りました。
海水濃度のお湯で魚を湯がいて食べるのですが、焼くのとは異なり、ふっくらとやさしい身に仕上がります。
塩焼きも美味しい、塩湯がきも美味しいと、どちらで食べるか悩む所です。

クロの塩湯がき



塩釜
魚が蒸された状態になるせいか、ふっくら美味しい食べ方です。
卵白を泡立てて、そこに塩をごっそり入れてフワフワのクリームのようなモノを作り、それで魚を包むのですが、 ちょうど粘土遊びのようで子供にやらせると大喜び!
写真は、チレダイですが、どういう訳か、エビのような甘ささえかんじられるお味でした。
「塩釜」というとご馳走っぽいし、用意するのが簡単なのでまさに「おもてなし料理」ですね。

チレダイの塩釜



煮付け
めばる(バラハタ)などの赤い魚はもちろん、大きな脂がのった魚やダツのアラを煮付けにして頂きます。
アラは体に良く(血を作るようです)、授乳中にアラ煮を頂くと翌日おっぱいがいっぱい出るのを実感しました。
コラーゲンもたっぷりなので、女の人にお勧めのメニューです。

バラハタの煮付け

ダツの肝の煮つけ(主人作)



揚げ物
フライ、唐揚げ、素揚げ、などなど、揚げ物大好きです。
小魚は、骨まで頂いけるようにしっかりと揚げ、そのまま塩を振って頂くか、南蛮漬けが良いですね。
切り身魚のフライは、ポン酢をつけるかタルタルソースを付けて食べます。身がパサパサしている魚は、小麦粉&とき卵の代わりにマヨネーズをつけてパン粉をまぶすとしっとりと美味しいフライに仕上がります。

アジ雑魚の素揚げ

アジフライ(切り身を使いました)

骨せんべい(くじらとおし)

南蛮漬け(くじらとおし)



味噌漬け
今まで得意でなかったのですが、作ってみたら美味しい!しかも『おかず』になります。
私は、ジップロップを使って魚の切り身を味噌に漬け、一日たったら冷凍庫にそのまま入れてしまいます。
後は、食べたい時に解凍して焼くだけ。お惣菜が足りないなあ、、という時に本当に便利です。

さわらの味噌漬け



岩のり
磯の香りが強い、美味しい岩のりも手に入ります。
しかし、何しろ採りにくい!岩にへばりついているのをかき取るのですが、中々量が集まらないのです。 それに、1・2月頃に取らないとノリが大きくなりすぎてゴワゴワしてきます。そのため、美味しいのだけどめったと口に出来ない磯の味です。 汁物に少し加えると美味しく頂けます。先日、醤油などで味付けした岩のりをパスタにからめたら、磯の香りの美味しいパスタが出来ました。 そうそう、かきあげも良かったです。
ただし、消化に悪いので小さな子には不向きの食材です。

岩のりの磯パスタ

岩のりのパリパリかきあげ



野菜料理


ツワブキ(3月〜4月)
3月頃、少しだけ暖かくなってくるとツワブキが新芽を出します。この新芽の茎を食べるのです。
島にも普通のふきを育てている方がいますが、道沿いにいっぱい生えているこのツワブキを食べるほうが一般的です。
関東育ちの私は、この時期になるとフキの花芽のテンプラを食べたくなるのですが、このツワブキだと芽でなく茎になってしまうので願いがかないません。

道沿いのツワブキ

下処理前のフキ

ご飯のお供に、

ふきの土佐酢漬け

ふきのゴマ味噌煮



新じゃが(3月・)
ココでは、ジャガイモが年に2回収穫出来ます。新じゃがを頂くと必ず作るのが、この甘辛煮。ごま油をダッチオーブンで熱し、ホクホクになるまでじっくり炒めてから煮からめます。 子供達の大好きなメニューの一つ。

このテカリが食欲をそそります。



ボウフウ(通年)
三つ葉の香りをもっと強くしたような、香り高い野草です。島では、海岸沿いなど潮風のあたる所に自生しています。
年中、新芽を出すので、その新芽をとってテンプラやお浸しにして頂きます。

海岸沿いに自生するボウフウ@

海岸沿いに自生するボウフウA

ボウフウの新芽

テンプラ(塩やポン酢で頂きます)

お浸し



たけのこ(5月〜6月)
島には、大名竹(だいみょうちく)という竹が茂っています。この竹のたけのこが本当に美味しい!
太い物だと、ラップの芯程の太さになります。灰汁がないため、竹の子独特の面倒な灰汁抜きの必要がなく、また採掘する必要もありません。
ただただ竹林に入って土からニョッキリと顔を出した竹の子をポキーンと折るだけなので誰でも採れます。
この竹の子の天ぷら、本当に美味しいんです。是非とも一度は味わって欲しいなあ。。。他に、湯がいた竹の子に麦味噌や醤油マヨをつけて食べるのも美味しいです。

竹林

たけのこ

皮をむいた状態

天ぷら(ポン酢や塩を添えて)



さつまいも(11月)
島にはサツマイモ畑がいっぱいあります。
焼酎用、あるいは牛の餌用として育てているのが大半ですが、人間が食べる分もけっこうあります。
イモ好きな私は嬉しいのですが、この島に来て、本当に良くイモを食べるようになった。。。
そうそう、イモには赤い皮の一般的なイモの他に白い皮で実がオレンジ色の物、皮も実も白い物、紫色の物などなど、色々な種類があります。

釜で炊くのも美味しい!

レシピ 華やか!さつまいもサラダ



生姜(11月)
新生姜を頂くと年間を通じて料理に使えるように冷凍したり、生姜醤油を作ります。
ガリも作るのですが、毎年作りすぎて残してしまうので最近は作り過ぎないようにし、 その代わり佃煮にして冷凍したりとバリエーションを増やして美味しく食べれるように研究しています。
生姜は体を温める食材ですし、美味しく毎日の食卓に取り入れたいですものね。

新生姜

一かけ分の大きさで冷凍

ガリ



シイタケ(12月〜1月)
口永良部島には以前、シイタケの乾燥工場があったそうです。
それ位、シイタケには合った土地で、本当に見事なシイタケが出来ます。
大きくって厚みがあり、正に最高級レベル!採れる時には一気に採れるので乾燥させたり、そのまま冷凍したりなど工夫して保存しています。
囲炉裏で焼いて、醤油をちょっとたらして食べるのが一番シイタケの美味しさを味わえるかなあ、。天ぷらも美味しいし、シイタケご飯も良いですね。

ポコポコいっぱい出てきた!

最高級のシイタケです



その他


寿司
島では、寿司は家庭料理です。おにぎりと同じくらいの頻度で握るかもしれない。。。
美味しい魚が手に入るととりあえず「寿司にぎろうかなあ。」と思います。
色々な種類が出来る訳ではないけれど、ネタの大きさはちょっとスゴイですよ。
寿司を握る時は、シャリ(寿司飯)に魚の味が負けないように何日か魚を冷蔵庫で寝かせてから使います。

GT(ろうにんあじ)

カンパチ

カンパチ(2005.7.30)

キハダマグロとイカ(2005.11.2)



黒米
〔黒〕は、体に良いと言います。黒糖、黒ゴマ、黒豆、黒酢などなど。そして、南の方は、この〔黒〕を良く食べるように感じます。黒米もこちらに来て初めて食べた食材でした。
普通のご飯に少し黒米を混ぜて炊き上げると、このように赤飯風に炊き上がります。黒米は、もち米なので普通のご飯より少しモチモチして、 かといって、赤飯ほどのモチモチでないサラッとしたモチモチ感がちょうど良く好きです。
ごま塩を振りかけて頂きます。

ついつい手が出ちゃいます



麦みそ
こちらは麦みそが主流です。
米味噌で育った私は、始めちょっと甘い麦味噌に抵抗があったのですが、最近はすっかり慣れました。
米味噌より塩分が少ないようで、味噌汁を作る時も米味噌で作る時の倍ぐらいの味噌を使います。

普段使っている麦みそ

手作りの麦みそ(仕込み終了時)



地鶏
何かイベントがある時や卵をあんまり産まなくなった鶏などを絞めて頂きます。
そうそう、病気の人に元気が出るように地鶏のスープを飲ませるのだと鶏を一匹分けてもらっていたおばさんがいました。 放し飼いで育てているので身は固いですが、本当に味のある美味しい肉です。

にわとり

砂肝の塩焼き

サバ節

サバ節と塩ラッキョウ



イベント料理


お雛様(3月3日)
春が間近だというウキウキ感と女の子のお祭りだという華やかさで、毎年楽しみにしている行事の一つ。
しかも嬉しい事に我が家は女の子3人なので、力の入れようがあります!
春を感じられるお料理をと毎年色々工夫しているのですが、そんなこんなを考えるのも楽しいものです。
桜の塩漬けをのせるとお雛様っぽくなります。
桜のちらし寿司
桜の花の型抜きをしたお芋の天ぷらも好評です。
ケーキ風押し寿司
やっぱり春らしいデザートも用意しないとね。
「鶯もち」と「花びらもち」
白あんと桜の塩漬け+生クリームでしっとり和風クレープ
桜クレープ



子供の誕生日(4.12月)
年に一回しかない誕生日だから大好きな物ばかりを並べてあげたい!と思い、色々考えます。
ケーキはもちろん用意するのですが、やっぱりご飯も大事ですよね。
喜んでくれるかなぁ、と思いながらセッセと用意するのが好きです。
2006年4月(次女3歳の誕生日)
大好きなアンパンマンとウサコちゃん
アンパンマンとウサコちゃん押し寿司
『鹿肉のタタキ』と『スクランブルエッグいくらのせ』『アサリのお吸い物』それから『枝マメ』
次女の大好きな物ばかり!



敬老祝賀会(敬老の日(9月))
『敬老祝賀会』は大きなイベントの一つです。この日は朝から男の人は海へ魚を突きに、女の人は祝賀会のご馳走作りに大忙し。
メニューは、地元の野菜を使った煮しめと魚料理の数々です。
煮しめに欠かせないのは、塩して保存しておいた大名竹のタケノコとこの時期が旬のサトイモ。これこそエラブの郷土料理ですね。
魚も沢山用意して刺身にから揚げ、アラだき、とフルコース!!
火を焚いて大きなお鍋で作ります
煮しめはこの釜で!

竹の子の煮しめ作り

煮しめ・刺身・魚のから揚げ
煮しめ・刺身・魚のから揚げ・・
敬老祝賀会のご馳走



十五夜(旧暦の8月15日)
『十五夜』は五穀豊穣を祝うお祭りです。
旧暦の8月15日なので年により9月だったり10月だったりと変動するのですが、この時期採れ始めるサトイモなどをいれた「煮しめ」と「ぼたもち」でお祝いするのがこの島での慣わし。
お月様が顔を出す頃、島民みんなで綱引きを始めるのでこの日は急いで夕飯を食べて出かけます。
この年は7合分のぼたもちを作りました
ぼたもち



運動会(9月)
小さい頃から運動会はあんまり好きではなかったけれども、大人になってからもこんなに特別な日になるなんて思ってもいませんでした。
まず、お弁当作り。毎年かなり悩みます。いかに当日の朝忙しくならないように、と前日の段取りを念入りに考える!
それから当日のかけっこ!何と言っても『小中学校・島民大運動会』なのです。つまり、島民皆が走る。生徒の父兄が一種目チョロっと出るだけとは訳違います。
早起きしてのお弁当作りで既に結構疲れているせいかグラウンド一周が長く感じる事、、。母は強しですね。お母さんは元気でないとやっていけません!
鳥手羽のオーブン焼き、玉子焼き、キンピラ、ウィンナーとピーマン、里芋とセロリの炒め物
2006年
パーティーでも始まりそうな程のずらりと並んだお弁当!
2007年
銀紙の中身は“中華ちまき”
2010年
ポテトサラダ、鶏の照り焼き、アメリカンドッグ、エビフライ”
2011年
アジフライ、カレーエビマヨ、卵焼き、鶏の味噌漬け焼き、ウィンナーのケチャップ炒め
2012年・お惣菜
高菜&ゴマ、梅干し&きゅうり、鮭
2012年・ご飯
鶏の唐揚げ、だしまき卵、ポテサラ、鮭の南蛮漬け、ウィンナーのケチャップ炒め
2013年・お惣菜
ほんだしと梅のおにぎり、卵とチョコ、ブルーベリージャムのサンドウィッチ
2013年・ご飯



子供が作った料理
『お母さん、お料理一緒に作りたい!』とか『バレンタインのチョコを作りたいんたいんだけど、、』とか。
子供達には、作りたいと思った時に作らせて料理に興味を持って欲しいし、少しずつ覚えて欲しいと思いながらも普段は忙しくってなかなか実現出来ない事もしばしば。。。
それでも、お姉ちゃんが作ると妹も作りたくなったり、結局皆でワイワイと作るのですが、こんな事も今だけですものね。楽しいものです。
お父さんと兄弟皆のお弁当を作ってくれました。
キャラ弁(by KAE,2011.3)
クリスマス用のデコカップケーキです。華やかでしょ。
カップケーキ(by KAE&SAKU,2009)
ブルーベリーマフィンにバタークリームでデコ
カップケーキ(by K&S&K&M,2012)
長女が次女のためのケーキをデコレーション
バースデーケーキ(by K,2013)



閉じる