是非、一度遊びにいらしてください 島暮らしに興味のある方、お待ちしております 期間限定で島暮らしを体験







〔口永良部島へ遊びに来ませんか?〕

旅行で来られるのなら『春』がお勧めです。竹の子が顔を出し、野苺が実る時期です。
エラブオオコウモリもガジュマルの実を食べに里へ降りてくるので、コウモリ観察も出来るかも、、。
と言っても海遊びにはまだ早いので、熱帯魚や亀と一緒に泳げる『夏』も捨てがたい。。。
同様に、『秋』には秋なりの、『冬』には冬なりの楽しみがありますのでご都合のつく時に是非おいでください。
ただし、台風シーズンと冬の海の荒れる時期は船が欠航する場合がありますので予定通りの旅とならない可能性があります。ご注意下さい。
満開のエラブツツジ エラブオオコウモリ(天然記念物)も間近で観察出来ます 海ガメと一緒に泳ぎたい! やっぱり海遊びが大好き!

島で行われている行事に合わせて旅のプランを立てるというのも面白いと思います。 普段の島の姿とは違いますが、島民が勢ぞろいしてイベントを盛り上げていますので島の様子を垣間見る事が出来るのでは、、。
どの行事も自由にご覧になれますし、参加も歓迎、という物も!

今年度行われる主な行事日程です。それぞれの行事内容や様子は〔年間行事〕をご覧ください。

平成28年度行事予定表
地域の行事 学校行事
4月 入学式(4/6)
5月
6月
7月 金峰神社祭典(7/18) 海洋研修会(7/17)
8月 港祭り(8/12)
夏祭り(8/13)
9月 十五夜行事(9/15) 
敬老祝賀会(9/)
島民合同大運動会 (9/25)
10月 町民体育祭(10/9)
防災訓練 (10/26)
11月 学習発表会(11/4) 
12月 餅つき大会(12/)
1月 消防出初式(1/) 
鬼火焚き(1/7)
2月 中学校体験入学(2/3)
小学校体験入学(2/7)
3月 卒業式(3/14)


※口永良部島の今の様子をお伝えするブログ「クチエラブ日記part.2」(2012/3〜)もご参照下さい。




〔口永良部島に住んでみませんか?〕

住宅について
町営住宅@ 町営住宅A
口永良部島には、屋久島町が管理運営している『定住促進住宅』が3戸あります。
入居者の募集要綱は以下の通りです。
募集は、現在ご利用になっている方々の退出期により決まりますので詳細は建設課管理係(0997−42−0100〔内線49〕)へお尋ね下さい。
3戸とも小学校の近く(本村集落)にあり、買い物等にも便利ですし、使い勝手の良い家です。


場所:金岳小学校前
家賃:月額10,000円
入居資格
@家賃を支払う能力を有する者であること。
A現在同居している、または同居しようとする親族があること。
B現に住居に困窮していることが明らかな者であること。
C@〜Bのほか、町長が特別に入居が必要であると認める者。
使用期間:7年(町長が特別な事情があると認める場合は、更新することが出来ます。)
申し込み方法:申し込み用紙が建設課に備えてあります。
その他:応募者多数の場合は抽選となります。抽選の期日等については、入居資格審査後、入居資格を満たす申し込み者に別途通知します。

『定住促進住宅』の空きがない時には、空いている民家という事になります。 使っていない住宅は何軒があるので、家主さんとの交渉次第です。
ちなみに、進学等により3月に転出される方が多いのでその頃が一番住宅を見つけやすいでしょう。

口永良部島の住宅情報←最新の空家情報はコチラからご確認下さい

仕事について
牛の競りの様子 『この仕事がある、』とはっきりとは言えませんが正直どうにかなると思います。
何しろこの島は人手不足ですから、体を使った仕事を嫌がらずに何でもする気持ちがあれば大丈夫です。
いくつか例を挙げてみると、、
@牛飼い
:牛を飼っている方々の老齢化が進んでいるため若いパワーが求められています。エラブ牛のブランド化も夢ではありません!
A芋栽培
:焼酎作り用の芋作りをしています。こちらも人手不足のため、皆さんお休み返上で働いています。是非ご協力下さい。
B土木作業
:臨時的ですが、港湾や道路整備などの仕事があります(特に12月〜翌3月頃に集中)。機械を扱える方や技術のある方は特に歓迎されるでしょう。
Cその他
:一から始める気力さえあれば何でも!一緒に島を盛り上げていきましょう!

学校の給食センター職員や用務員などは、毎年3月頃に公募されます。その頃、直接役場へ問い合わせるか公募が始まったら連絡をもらえるように頼むと良いと思います。
まずは役場や宿の方など、誰でも良いので島の人に相談してみて下さい。詳しい人を紹介あるいは、知っている情報を提供してくれるはずです。
口永良部島役場出張所→:0997-49-2100

口永良部島の求人情報←最新の求人情報はコチラからご確認下さい

生活について 人にもよるでしょうが、『生活費』はそんなにはかからないと思います。
野菜や魚は、頂いたり作ったり。島のお店には、必要最低限の物しか入ってこないので無駄な買い物もありません。
ただし、島外に注文すると何かにつき送料が付くという事と、セール(特売)がないので全て正価での購入となります。
私は、インターネットを使って必要な物の大半を通販でやりくりしています。おかげで離島だからと言って困る事なく、都会と変わらない暮らしが出来ていると思います。
特に、離島でも送料が別途かからない所は要チェック!

暑い日は窓を開け放して風を通して過ごしたり、水は山水(タダです)を利用したりで『光熱費』も努力次第で安く抑えることが出来ます。
それでもガソリン代は高いです。と言ってもバスやタクシーなどないのでどうしても車は必要です。しょうがないですねえ。。。
神社の大祭での奉納の踊り
その他、特記事項は、年間を通じで地域の活動が多い事かなあ。。。
行事だけでなく、草刈りや海岸整備、炊き出しなどなど。島の人が皆で助け合って島全体を成り立たせていますので参加しない訳にはいかないといった感じ。
地域の行事を面倒だと思わずに楽しんで出来れば一番です。逆にこういった活動に積極的に参加する事により、地元により早く馴染んでいけると思います。




〔山海留学制度について〕

2005年度・入学式 中学校の校舎 小・中学校校舎(正面が小学校)
口永良部島にある小・中学校(屋久島町立金岳小・中学校)に入学または転学を希望する児童に対し、 里親の協力を得て受け入れを実施する山村留学制度(緑の火山島《南海ひょうたん島留学》制度があります。

小・中学生という多感な時期を豊かな自然の中で一緒に過ごしてみませんか?

留学期間は、原則として4月から1年間とし、継続も認められています。親子留学(家族移住)も同様に適用されます。
里親委託料は、小学生6万円、中学生7万円です。その内、町から半額程度の補助金制度があります。その他、給食費、教材費などが必要です。
募集は随時しておりますが、先生の確保や助成金の申請などの理由により前年の12月頃までに学校あるいは役場までお問い合わせいただくと手続きがスムーズに進むようです。
興味のある方はどうぞお気軽に屋久島町立金岳小学校(:0997-49-2141)・屋久島町立金岳中学校(:0997-49-2186)あるいは口永良部島役場出張所(:0997-49-2100)までご連絡下さい。

学校を紹介するHP金岳小・中学校があります。是非ご覧下さい。


・2016年度の山海留学生:中学生‐名、小学生-名
・2015年度の山海留学生:中学生‐名、小学生2名(親子留学1組)
・2014年度の山海留学生:中学生3名、小学生3名(親子留学2組)
・2013年度の山海留学生:中学生4名、小学生3名(親子留学3組)
・2012年度の山海留学生:中学生4名、小学生4名(親子留学3組)
・2011年度の山海留学生:中学生2名、小学生4名(親子留学2組)
・2010年度の山海留学生:中学生0名、小学生3名(親子留学1組)
・2009年度の山海留学生:中学生1名、小学生1名(親子留学1組)
・2008年度の山海留学生:中学生2名、小学生1名


小学校一階(1・2年教室と保健室)

複式学級の様子(1・2年生)

小学校二階(3・4年教室と5・6年教室)

小学校図書室

学級園(階段先に給食センター)

小学校2階から見たグラウンド

歴史資料の展示(中学校エントランス)

中学校


↓親子留学で島に2年間いらしたお母さんが子供へあてたお手紙です。 山海留学の様子が少しでも伝われば、と許可していただき掲載させていただきました。↓

 

「時計のない場所に行きたい」、小学6年生の夏休み明けにつぶやいた君の言葉で、今のこの山海留学が始まったのですよね。
あの時の君は、全ての事全部を完璧にこなさなくてはいけない、という思い込みに支配され心身共に疲れきっていました。 家族で話し合って、「しばらく南の島でのんびりしよう」という結論になり、島での田舎暮らしを始めたわけです。
しかし、のんびりとはいかず、学校での学習内容は東京にいる時とそう変わらず、部活動がない代わりに島の行事に参加しなくてはならず、 想定外のいそがしさでしたよね。最初は「こんなはずではなかった。仲間のいる東京に戻りたい」と何度も涙しましたね。 島の人達は、そんな君を温かく見守り、時には叱咤激励もしてくれました。そして君は色々な事を一つずつ自分の力で乗り越え、この一年で随分心が成長しました。 それは、君が自分自身の性格を全部マイナスに受け止めていたのを「それが自分の個性なのだ」と自身を受け入れたからだと母は思います。
世の中思い通りにならない事だらけで解決したくても解決できない苦しみに、君はどう対処していいのか分からず悩み続けていました。 でも今は「そんな事もあるさ。まあ、いっか。だよね」と笑顔で答える、以前とは比べものにならないくらい怠け者になってしまった君を母は心から嬉しく思います。よく頑張りました。


2008・2009年山海留学体験した子供達へ
〜母より〜

 


↓親子留学でお母さん、お姉ちゃんと一緒に島に来た少年の作文です。 山海留学の様子が少しでも伝われば、と許可していただき掲載させていただきました。↓

 

えらぶ(口えらぶじま)に来て

ぼくはぎふから来ました。三日もかかってえらぶに来ました。
えらぶは海も山も空もきれいなしまです。それにえらぶの人はみんなやさしいです。
会うとみんな声をかけてくれます。「おはよう。」「こんにちは。」「こんばんは。」
声をかけてもらうと心も気持ちよくなります。だから大きい声でぼくもあいさつをします。えらぶの人は、みんなで魚や野さいやおかしを分け合います。 もらった魚や野さいやお菓子は、いつも食べるよりとってもおいしいです。
〜(途中省略)〜
ぼくは五年生になったら、「ターザン」とよばれているおじいちゃんに、もぐりかたを教えてもらいます。とても楽しみです。ターザンは魚をつく名人です。 しかも手や体や足が大きいです。三十メートルもぐります。すごいと思います。早く五年生になって「でし」になりたいです。 そして、ぼくがついた魚をお母さんにプレゼントしたいです。ターザンは魚のことやしおのながれを教えてくれるので、がんばっておぼえたいです。
ぼくは、えらぶのきれいな海や木や山や空やえらぶのやさしい人たちが大すきです。いじめがなく、「ゆたかな島だな。」と思います。
ぼくは、えらぶに来てよかったと思います。


 




Go to Top