【山&里】‥登山‥

登山ルート 
島の中央にそびえる新岳は活火山です。登山前には火山情報を確認しますが、登山は年間を通じて楽しんでいました。
今では考えられませんが、火口跡近くまで登山出来、大きな噴火口を眺めると『生きている島だな、』と感じたものです。
それから、登りながらぐるりと海を眺められるというのが、口永良部島ならでは、の登山。
(火山の島なので登っていくに従い、低木層となり、山頂付近の植物は地にしがみつくように生えているため見晴が良いのです。)
漁船を見下ろし、遠くに屋久島を眺めながらの登山というのはナカナカですよ。
そんなに険しい道のりではないので(島の小学生も登ります)朝8〜9時頃登り始め、お昼ご飯を山で食べて帰ってくるというスケジュールで登っていました。

活火山!

大きな噴火跡を覗き込みながら、その当時の噴火の規模に思いを馳せたり、、。でも、人事ではナイんですよね。。。

海を眺める‥

自分達の住んでいる所を上から眺めたり、いつも乗っているフェリーを山の上から見送ったり、、何だか新鮮な気分です。

エラブツツジ登山

梅雨時期、山が一面ピンク色に染まります。本当にエラブツツジの咲く2週間ぐらいの間。花見登山、本当に素晴らしいです。




【山&里】‥花・果実‥

四季折々、様々な花が咲き誇ります。ガクアジサイ、ユリ、ツワブキ、エンジェルトランペット、ジンジャー、ハイビスカス、芙蓉、、。
どれも部分的に少し咲くのではなく、道を彩る程にしっかり咲きます。自然のまんま、と言うか放ったらかしなのにこんなに美しく咲き誇るなんで素晴らしいですね。
お散歩がてらの果実摘みもウキウキします。


道沿いの花々

花を見て、もうそんな時期なんだなぁ、と四季を感じます。植栽計画なんてしてないのに、こんなに自然の道沿いって美しいんです。

山の花

山の花の見頃は『春』。白い花が咲き乱れます。微妙に黄緑がかっていたり、黄色っぽかったり、。白の繊細なグラデーションが美しい!

果実

お散歩がてらつまみ食い!私はしっかりビニール袋持参で「散歩」兼「果実採り」に出かけますが、子供達はもっぱら胃袋の中に収めるのに一生懸命。。。




【山&里】‥子供達の外遊び‥



ままごと

泥団子も泥ケーキも芸術的!
上手に出来た泥ケーキを見て、お姉ちゃん達も参加してついつい真剣になっていたり、。

木登り

木に登って下を眺めてみたり、時にはみかん採りだったり、「よくまあ、」と思うくらい登ります。
あんなに身軽だったら楽しいだろうなあ、、。

岩場の遊び

海岸は岩が競りあがっている所が多く、そこが絶好の遊び場所になっています。のぼったり、かくれんぼをしたり、。 自然のジャングルジムといった感じ。





【川】‥うなぎ採り‥



大うなぎ

大人の男の人の腕ほどの太さがある上に長さは1〜2mぐらいあります。 ニョロニョロと動くその姿を見た人は皆、驚きます。
食べた事はまだありません。。





【海】‥カニ採り‥



カニ図鑑

色んな種類のカニが居ます。捕まえようとするとコレが結構早い! 子供より大人がはまって捕まえるのに一生懸命になっていたり、、。。





【海】‥海水浴‥

私達がよく海水浴に行く場所  360度海に囲まれているとは言え、火山島のせいか岩場が多く、砂浜が少ないため海水浴の出来る場所が限られています。 (海に慣れた方ならどんな所でも大丈夫でしょうが、特に子供連れとなると、、)
子供を連れて一番良く行く所は『西之浜』。水深が大人の膝ぐらいまでなので小さな子を遊ばせるのにちょうど良い!大人にはちょっと物足りないカナ。
シュノーケルで熱帯魚や海がめが見れる『西之湯』は、気軽に行けて大満足出来る泳ぎ場です。この辺りは、魚の研究をしている広島大学の学生さんがしょっちゅう潜っているので何かあっても(おぼれても?!)安心、というのが心強いです。 泳いだ後に温泉に入って塩を流せるというのも魅力。
『本村』は、小中学校の体育の授業でも泳ぐ所。港の側です。こちらも泳いだ後、本村温泉に入れて便利。 『向江浜』も泳げます。でも、川が流れ込んでいるため水温が低め。それから、ちょっと先で急に水深が深くなるので注意が必要です。


西之浜 西之湯(毎年7月に行っている海洋研修会の様子)
海で泳ぐ!

海に入るとスッと体の熱がとれます。子供のアセモ対策にも海水が良いので、我が家では真夏の暑い間は夕方になると毎日のように海に泳ぎに行きます。

本村(活火山をバックに泳ぐ!)



【海】‥釣り・磯モノ採り‥

家(うち)の子供達は、海を覗き込んで魚を見つけると「わぁ〜、美味しそう!」と言います。
それもどうかと思うけれども、釣りは遊びでもあり、食料調達手段でもあります。
子供達は、自分の釣った魚を食べる時など、本当に満足そう。そんな時は、『あ〜、ココに住んで良かったなぁ、』と実感します。
『釣り』は、主人の趣味でもあるのですが、食料調達を兼ねて気分転換してきてくれるのだから言う事ナシですね。
かく言う私は釣りの才能がゼロ。もっぱら食べる専門です。

子供と一緒に!

家族皆で釣りに行くと、お父さんは大忙し!餌をつけてあげて、魚をはずしてあげて、、。休む暇がありません。

魚釣りは奥が深い

季節で釣れる魚が違います。魚によって泳いでいる水深が違っていたり、そういうイロイロを考えてエギを選んで竿を投げ入れる、、というのが楽しいらしい。。。




閉じる