口永良部島の地図


口永良部島(kuchinoerabujima)屋久島の北西約12kmの海上に位置する、周囲49.67km面積38.04ku、薩摩火山群島中最大の島で新岳、古岳があります。

噴火警戒レベルにより立入の禁止される区域があります。現在の噴火警戒レベルは、気象庁HPよりご確認下さい。



住宅の様子 本村1(honnmura)

島で一番大きい集落です。
役場・診療所・公民館・郵便局・農協・小中学校等があり、島で一番人が住んでいる場所です。
定期船(フェリー太陽)の発着する所。
子供を泳がすのにちょうど良い! 西の浜(nishinohama)

よく海水浴へ行く浜辺です。
本村から西の湯へ行く途中にあり、遠く硫黄島が見える気持ちの良い海岸です。
本村から歩いて15分程度。
牛の競り(2005.6.21) 本村2(honnmura)

本村内にあります。
今では牛を飼っている方がだいぶ少なくなってしまいましたが、それでも、年に2回、仲買人が何人も来島して、牛の競りを行います。
前田の町並み 前田(maeda)

本村から約1kmの位置にあります。
私達ファミリーが住んでいるのはココ。現在、6世帯が住んでいます。
私は、毎日〔本村〕と〔前田〕の間を犬と子供を連れて歩いています。
ここを降りていくと温泉があります 西之湯(nishinoyu)

廃材となった電柱を利用して建てた温泉小屋があります。湯量が潮の干潮により変わるため旧暦を考慮して出かけなければいけません。
近くに海水浴場があります。
向江浜 向江浜(mukaihama)

昨年の夏、この浜にも亀が産卵に来ました。
海水浴も出来ます。
本村より2km。
民宿くちのえらぶ 田代(tashiro)


現在、この付近に民宿を含め3世帯が住んでいますが、それぞれ離れているので山の中に家がポツン、ポツンと点在する感じです。
本村より5km、歩くと40分ぐらいでしょうか。
春の新岳 新岳(shinndake)

昭和41年に大爆発をし、今なお水蒸気を上げている火山です。
(標高:657m)
最近、火山の活動が活発化しているという調査報告が出されたため、いつまた噴火するか分からないといった状態です。
景勝:寝待立神 寝待(nemachi)

温泉があります。すぐれた効能のあるお湯で、皮膚病などに効果があります。
海にそびえる雄大な立神(たてがみ)は圧巻!<←写真>
本村より8km。
湯向集落の様子 湯向(yumugi)

湯向温泉を中心として栄えた集落。
本村から離れているためどうしても不便さがあり、住む人も少なくなってきていますが、やはり 温泉がいつでも入れるという魅力を持った所です。
本村より14km。車で30分程度です。
田代⇔湯向の途中 一周道路1
島をぐるりと一周する道があります。
基本的に道という道はこの一周道路だけなので「島の地図」といってもいたってシンプル。(本村内には住宅街のある方へ向かう細い道があったりします。)
迷子になってもそのまま走っていればそのうちもと来た所に戻ってきます。
前田⇔湯向の途中 一周道路2
こちらは最近出来た道路です。
田代⇔湯向の道(写真左)と違って、海や山の眺望が良い&カーブが少ないのでドライブ向き。
ちなみに田代⇔湯向の道は、木々の中を走るといった感じです。木陰が多いので暑い時間帯はあちらの方が心地よいかもしれませんね。

「南の島へ行かないか(離島の中の離島 口永良部島)」根岸 泉(著)・南日本新聞という本があります。→1997年当時の様子や島の歴史について


Go to Top