>  

口永良部島には、本村温泉、西の湯温泉、寝待温泉、湯向温泉の四つの温泉があります。
四箇所で効能等が異なり、それぞれの良さがあります。是非とも四箇所とも体験して欲しいです。
潮の音を聞きながら南の島で入る温泉というのもナカナカですよ。






本村温泉<honmura-onsen>

鉄分を多く含んだお湯は、ほんのり茶色で鉄の匂いがします。(女性には良いのでは、、)
湯船から本村港を一望出来、タイミングが良ければ夕焼けを眺めながらお湯に入れます。
湧き出てくるお湯の温度が低いため沸かしている関係上、営業時間が午後5時〜午後8時(定休日:月曜日)と決まっています。
ご注意下さい。(他の温泉はいつでも入れるのですけどねえ。。。)
<泉質>
単純温泉〔泉温:37.8度〕
<効能>
神経痛、筋肉痛、冷え性等
<アクセス>
本村内
<入湯料>
大人:300円、子供:100円(屋久島町民:大人150円、子供50円)幼児は無料      

温泉施設(2008.7open!)

施設内の多目的ホール

浴槽





西の湯温泉<nishinoyu-onsen>

温泉小屋に入るといきなり湯船があります。本当に浴槽と屋根があるだけの素朴なお風呂。
本村(集落)から近いので本村に住んでいる島民が気軽に普段利用している所です。
近くに海水浴場があるため、海水浴の後に体についた塩を流し、温まるのにちょうど良いのではないでしょうか。
潮の満ち引きにより湯量が変動するため、引き潮の時に行くとお湯がない(湯船につかれない)、という事になりますので注意してください。
<泉質>
ナトリウム塩化物泉
<効能>
胃腸病、婦人病、神経痛、腰痛等(特に、肩こりに効くそうです。)
<アクセス>
本村から徒歩約20分、車だと5〜6分
<入湯料>
大人:200円、子供:100円      

西の湯の温泉小屋

湯船

体を洗う所





寝待温泉<nemachi-onsen>

乳白色をしたお湯で、島のじいちゃん・ばあちゃん達は、「島の温泉の中で一番この温泉が効く」と言います。
2002年に温泉小屋が改築されて比較的新しいのですが、女湯が壊れているため男湯のみ使用しています。
女性客が入る時には、『しばらくお待ち下さい。』という看板を戸に下げて皆さん利用しています。
寝待集落内には湯治小屋もあり、貸し出しも行っています。興味のある方は公民館(→TEL:0997-49-2255、月・木曜日の午前中のみ)までご連絡下さい。
ゆっくりとしたい方にお勧めです。
<性状>
無色透明、酸味、弱硫化水素臭
<泉質>
含硫黄泉、ナトリウム・カルシウム塩化物泉
<ph値>
3.0
<効能>
皮膚病(アトピー性皮膚炎、あせも他)、神経痛(腰痛、肩こり、関節痛他)等
<アクセス>
本村から車で約25分
<入湯料>
大人:200円、子供:100円         

寝待のたてがみ

海岸沿いに温泉があります

寝待集落の様子

まだ新しい寝待の温泉小屋

湯船

乳白色の湯





湯向温泉<yumugi-onsen>

白い湯の華が舞う温泉です。
湯向集落に住む方々が定期的に掃除をしてらっしゃるのでいつ行ってもきれいで気持ちの良い温泉。
女湯の脱衣所にはベビーベッドが置いてあるので小さな子供連れでも安心して行けます。
<泉質>
含硫黄泉、ナトリウム・カルシウム塩化物泉
<効能>
皮膚炎、神経痛等
<アクセス>
本村から車で約35分
<入湯料>
大人:200円、子供:100円
     

湯向の温泉小屋@

湯向の温泉小屋A

湯船の様子




Go to Top